nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

キングコングを語る町山さん パラレルファクター

この映画は、キングコングという怪獣がスクリーン狭しと、暴れまわるとても面白い映画です。
このキングコングというは、ウルトラマンで有名な円谷英二さんにも影響を与えた映画です。
キングコングは、とても大きなゴリラで、女の子がすきです。
今回の映画では、キングコングの他にも、キングコングのように巨大になった生き物がたくさん出てくるそうです。
その時の町山さんは、とても楽しそうに話していました。町山さんは、「この映画は怪獣のワールドシリーズですよ。ずっと、怪獣が戦っていますから、なんだか昔のプロレスみたいですね。と喜んでいました。
僕は,昔のプロレスは見たことがありませんが,怪獣同士が,最強の座は俺なんだと言わんばかりに,どくろ島で戦うところをみてみたいです。
僕は、町山智浩さんは、おもしろいひとなので、とても好きです。
大自然の中、コングは、「俺が最強だー。」と言わんばかりに、他の怪獣と戦っていく、コングは、大自然を雄たけびを上げ進む。他の怪獣たちも、キングコングに影響され、「俺だ。」「僕だ。」「俺様だ。」と言ってコングに襲い掛かる、その襲い掛かる怪獣を一匹、また一匹と倒していく、肉を先、骨を砕いて。
そこへ、島の調査にやってきた調査隊、調査隊は、コングに勝てるのか、山のように大きく、虎の様に、恐ろしい、キングコングに、
人間には、ヘリがある、銃がある、英知がある。そしてあきらめない心がある。それらをもって、人間は、キングコングと戦う。キングコングは、人間たちにも容赦なく、襲い掛かる。
どくろ島という怪獣だらけの不思議な島で、人間は、生き残ることができるのか。そして、キングコングは怪獣のワールドシリーズを制することができるのか。
「怪獣に人間、くるならこい、最初に言っておく、俺は、最強だ。俺はこの島の巨神だ。」と言わんばかりに、コングは今日も戦う。倒せ、人間、倒せ、他の怪獣、全部、ぶっ飛ばせ。
僕は、町山さんのお話を聞いて、とてもこの映画を見てみたくなりました。大自然の中で、行われる力と力のぶつかり合い、その中に、人間が放り出されてしまったとき、人間はどうすするのか、人間は生き残ることができるのか。
僕は、この映画のお話をしている町山さんの表情や話し方がとても楽しそうだったので、町山さんはすてきだな。と思いました。
楽しそうに話す、町山さん、とても良かったです。
「いやーこれはすごい映画ですね。これは、怪獣のワールドシリーズです。えらいこっちゃです。2時間戦いっぱなしです。」と町山さんはマイクを笑顔で言った。

 

 

僕は、気が付くと、ジャングルにいた。

近くには又吉さんもいた、そして、山のように大きく、虎の様に強い、何かがいた。

僕たちは、逃げた 逃げて、逃げて逃げた。

しかし、ソレは、追いかけてきた。僕も又吉さんも走りつかれて、ヘトヘトだ、しかも、ここは、ジャングルの奥地だ。暑い、暑い、僕は怪獣は恐ろしいと思った。

又吉さんもヘトヘトだ。もうだめなのか。

この映画は、運命のいたずらで、怪獣たちが戦っている島、どくろ島に放り出された人間たちの闘いの記録である。