読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

友達だったら楽しい人 パラレルファクター

又吉さん

シェルドン

チャーリーモルデカイ

アスミちゃん

町田くん

 みんなで、秘密基地をつくるんだ。

 

又吉さんは、優しいので力仕事。

木をのこぎりで切ったり、木材をチャーリーモルデカイと運んだりする。

アスミちゃんは家から、お菓子を貰ってくるかかり。でも、虫が怖い。

チャーリーモルデカイは、汗だくになって力仕事、秘密基地は大変だ。

せっかくのスーツも汗で台無し、そのことをチャーリーは「たかかったんだぞ。」と怒る。

町田くんもへとへとになって、木を切ったり、木を運んだりしている。

町田くんの顔は、汗だくだ。「汗だくになって働くのは楽しい。アウトドアはいいね。」と町田君はいう、又吉さんは、切った木をくみたてて、チャーリーと家を作っている。町田君は二人についていくので必死だ。

すべては、アスミちゃんの笑顔のために、汗をかいて働くのさ。

チャーリーは歌を歌う。「あー、われら、ワコクのぉーー。三銃士、木を運んで高いスーツも駄目にして、ワイシャツひとつで、作業してるんだー。終わったらぁーー。スコッチをいっぱい。」

又吉も歌う。「僕たち。ワコクの三銃士。お笑い芸人、やってます。」

町田くんも歌う。歌おうとおもったけど、やっぱり疲れて駄目だった。

三人は、歌う。あー、われら、ワコクのぉーー。三銃士。と

その歌を聞いてアスミちゃんは喜んでいた。

「みんな歌、上手だね。町田くん、頑張ってーー。」といって、町田くんを応援していた。

三人の頑張りもあって、小さな小屋ができた。ありがとう。ワコクの三銃士。

でも、そのあと、町田君は、つかれてねてしまった。それを見て又吉さんとチャーリーは笑っていた。