読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

パラレルファクター シェルドン、信繁又吉さん、チャーリーで運動会

僕と又吉さんとシェルドンと信繁くんとチャーリーで運動会で競争をした。

 

僕は、皆に負けないぞといって、開始早々、こけてしまって、

 

皆に後れを取った、又吉さんは速く走っていた。チャーリーは僕より早いが先頭に大きく離されていた。先頭は、信繁だ。時点で又吉さんだ。チャーリーも追う、しかし、チャーリーは他の皆より少し年配なので、又吉さんよりゆっくりだ。シェルドンは運動が苦手だが、自分が一番、人類史上最高の発見をすると信じているので、先頭の信繁を追う、シェルドン、信繁や又吉さんに負けまいと、追う,追う,追う,追う。シェルドンがチャーリーを抜く、チャーリーは口をあんぐりとあけて、とても苦しそうだ、観衆たちは盛り上がっていた。にアスミちゃんは、休憩用のテントの中で、頑張れ―と声をあげて応援していいた。その声に又吉さんは、少し、驚いた、そのすきを信繁は、見逃さなかった。

 

又吉さん、ここで、信繁に競り負ける、そしてこの時、又吉さんは[あかんわ。」といった信繁、単独首位、独走か、独走か、その後を、血走った目で追いかける男、シェルドン、信繁とデットヒートを繰り広げる、盛り上がる観衆、信繁、少しばてる、もう、「大分、走ってきた。疲れたな。」と力なくいう、そのすきを逃さない男がいた、シェルドンだ。あの男ならやれる。シェルドン、信繁を抜き去ろうとする、しかし、疲れてもなお、信繁は許さない。諦めない、男、信繁、

 

自分は最高の男だと信じて疑わない男、シェルドン、二人の男の対決、盛り上がる、観衆、ゴールは目前だ。勝つののは、どっちだ。

 

シェルドンか?信繁か?

 

あの男ならやれる。シェルドン、信繁を抜き去ろうとする、しかし、疲れてもなお、信繁は許さない。諦めない、男、信繁、

 

自分は最高の男だと信じて疑わない男、シェルドン、二人の男の対決、盛り上がる、観衆、ゴールは目前だ。勝つののは、どっちだ。

 

勝ったのは・・・・一番は・・・信繁だ。

 

やはり、彼は日本一の兵だ。

 

観衆たちは、彼の勝利をたたえた。皆喜んでいた。

 

しかし、そんな中、抗議するものがいた。

 

シェルドンだ、彼は、正式に抗議すると怒っていた。

 

頑張れ、シェルドン、怒らなくても、いつか、信繁に勝てる日が来る。

 

めげるな、シェルドン、君は最高だ。

 

その後、又吉さん、チャーリー、僕の順でゴールした。

 

僕は、泣いていた、僕はなきながら負けるのはこんなに悔しいのだと思った。

 

泣いていると、又吉さんが僕の肩をポンと叩いた。

 

又吉さんの力は強めだった。僕は、「ちょっと、何するんですか。」と笑った。

 

又吉さんは泣いている僕を笑わせようと僕の肩をたたいたのだ。

 

僕はそれに気がついたとき、少し、うれしくなった。

 

チャーリーが僕たちを呼んでいた。僕と又吉さんは、チャーリーの方へ向かった。

そこには、アスミちゃんもいた。

泣きながら又吉さんと休憩用のテントに帰ってくるとアスミちゃんは、「あれ、町田君、泣いてる。町田君、ドンマイだよ。と言って、泣いている僕を築かってくれた。

その間もずっとシェルドンは、かけっこの審判に「あーでもない。こーでもないと、抗議を続けていた。それを見た又吉さんは「よっぽど、かちたかったんやな。」と少しあきれてシェルドンを見ていた。

その間、信繁は、優勝インタビューに「ありがとうございます。これもひとえに、応援してくれたお客様のおかげでございます。今日は、ご足労いただきまして、誠にありがとうございました。と丁寧にインタビューに答えていた。

その頃、チャーリーは、息を切らしてぐったりして、一歩も動けず、その場で「もう、僕は、イギリスへ帰る、おなか周りの気になるお年頃のか弱い少年である、この僕には、このワコクの運動会とかいう行事は過酷だ。」といって、いた。

僕は、アスミちゃんと休憩用のテントで、お話した。又吉さんもさっきまで一緒にいたのだが、「僕、あの、ちょっと、トイレにいってきます。」といって、トイレへ行った。トイレに行くとき、又吉さんは、僕の方を見て、軽くウインクした。僕は、そのウインクの意味がよくわからなかった。

僕とアスミちゃん、二人っきりになったきゅうけい用のテント、

僕は、「アスミちゃん、ごめん。ぼくかっこわるかったよね。ごめんねと謝った。するとアスミちゃんは、ニコッと笑って、「町田君、こけちゃったね。でも、皆足、速かったよね。皆で競争するのたのしいね。だから町田君も笑ってよ。スマイル、スマイルだよー。」と言ってふふっと笑った。

僕は、そのアスミちゃんの笑顔を見て癒された、そして、アスミちゃんは可愛いなあと思った。そう思うと不思議と僕も笑顔になった。

それを見て、アスミちゃんは、「うわー。町田君、笑ってる、町田君の笑顔って素敵だね。と言って喜んでいた。

僕はそれを見て、嬉しくなった。

そんな僕たちを遠くから見ている人がいた。又吉さんだ、又吉さんは「あー、もっと積極的にいった方が・・・・」と少し残念そうに、僕を見ていた。

その間もシェルドンは審判にああでもないこうでもないと抗議していた。

僕はその間もアスミちゃんとお話した。僕はアスミちゃんに町田君は笑顔が素敵だね、と言われてとてもうれしい気持ちでいっぱいだった。