nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

君ならきっとできるとも。 パラレルファクター

今日、私は、病院に行って、またコンサートをしました。
演奏が終わって、ジェームズ先生と帰るとき、ピエロさんがいました
私はそれを見て、「あれ、なんで、病院にピエロがいるの。」ときになって、そのピエロさんの所に行きました。
すると、ピエロさんは、どうしたの?と私に聞いてきたので、どうして、ピエロさんが、病院にいるんですかと聞きました。
すると、ピエロさんは、「僕は、ピエロじゃなくて、クラウン。ホスピタルクラウンって、いうんだ。僕は病院に入院している子供たちを元気にしているんだよ。僕は、皆を笑顔にするのことがだいすきなんだ。」と言いました。


そのクラウンさんの「僕は、皆を元気にするのが、だいすきなんだ。」という言葉を聞いて、「私も好き。皆が私の曲を聞いて、元気になてくれたら、私もうれしいなぁ。と言いました。そしたら、そのクラウンさんは、「君は優しい子だね。君も病院でなにか皆をげんきにするかつどうをしているのかい?」と言いました。
私はそれを聞いて、「私は、ピアノをみんなの前で、弾いています。私たち、似ていますね。」といいました。
そしたら、クラウンさんが「うん。そうだね。」と言たので、私はうれしくなって、ふふっと笑いました。
私が笑ったら、クラウンさんは、君の笑顔、いいね、僕の事を見て、皆が笑ってくれたら、僕はとってもうれしいんだと言いました
そしたら、私は「へー私が笑ったからとてもうれしいんだなと思って、もっと嬉しくなって、もっと笑いました。
私は、笑いながら、「私も、皆の心があったかくなってくれたらうれしいなぁ。皆が笑顔になって私も笑顔になってくれる曲をたくさん弾いていきたいです」と私はクラウンさんに言いました。
そしたら、クラウンさんが「君ならきっと弾けるとも。たくさんのひとをえがおにできるさ。クラウンが保証するよと言いました。
私はそれを聞いてうれしくなりました。そして、不思議とこのクラウンさんとはなしていると楽しい気持ちになりました。
そして、私もこんな人になれたらいいなあって思いました。
最後に、そのクラウンさんと握手をしました。クラウンさんの手はとても温かかったです。
そのあと、私はクラウンさんの鼻を触らせてもらいました。そのクラウンさんの鼻は赤くてまるかったです。
そのクラウンさんと話すのはとても楽しかったのでまたはなしたいです。
私は、ジェームズ先生と家に帰って、エンターテイナーを弾きました、エンターテイナーはクラシック曲ではありませんがとてもいい曲なので私はとても好きです、
今日は、クラウンさんにきみならきっとできるとも。と言ってもらえてとってもうれしかったです。
その時クラウンさんにまた会いたいなあと思いました。