読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

僕の話8 

青川君と僕と町田君と信繁くんとリーガン運動会で競争をした。

僕は、皆に負けないぞといって、開始早々、こけてしまって、

皆に後れを取った、青山君は速く走っていた。町田君は僕より早いが先頭に大きく離されていた。先頭は、信繁だ。時点で青川くんだ。リーガンも追う、しかし、少し年配なので、青川くんよりゆっくりだ。シェルドンは運動が苦手だが、自分が一番、人類史上最高の発見をすると信じているので、先頭の信繁を追う、シェルドン、信繁や青川に負けまいと、追う,追う,追う,追う。シェルドンがリーガンと町田君を抜く、盛り上げる、観衆、その声に青川は、少し、驚いた、そのすき信繁は、見逃さなかった。

青川君、ここで、信繁に競り負ける、信繁、単独首位、独走か、独走か、その後を、血走った目で追いかける男、シェルドン、信繁とデットヒートを繰り広げる、盛り上がる観衆、信繁、少しばてる、もう、「大分、走ってきた。疲れたな。」と力なくいう、そのすきを逃さない男がいた、シェルドンだ。あの男ならやれる。シェルドン、信繁を抜き去ろうとする、しかし、疲れてもなお、信繁は許さない。諦めない、男、信繁、

自分は最高の男だと信じて疑わない男、シェルドン、二人の男の対決、盛り上がる、観衆、ゴールは目前だ。勝つののは、どっちだ。

シェルドンか?信繁か?

あの男ならやれる。シェルドン、信繁を抜き去ろうとする、しかし、疲れてもなお、信繁は許さない。諦めない、男、信繁、

自分は最高の男だと信じて疑わない男、シェルドン、二人の男の対決、盛り上がる、観衆、ゴールは目前だ。勝つののは、どっちだ。

勝ったのは・・・・一番は・・・信繁だ。

やはり、彼は日本一の兵だ。

観衆たちは、彼の勝利をたたえた。皆喜んでいた。

しかし、そんな中、講義するものがいた。

シェルドンだ、彼は、正式に抗議すると怒っていた。

頑張れ、シェルドン、怒らなくても、いつか、信繁に勝てる日が来る。

めげるな、シェルドン、君は最高だ。

その後、青川君、町田君、リーガン、僕の順でゴールした。

僕は、泣いていた、僕はなきながら負けるのはこんなに悔しいのだと思った。

泣いていると、町田君が僕の肩をポンと叩いた。

町田君の力は強めだった。僕は、「何すんの。」と笑った。

町田君は泣いている僕を笑わせようと僕の肩をたたいたのだ。

僕はそれに気がつたとき、少し、うれしくなった。

青山君が僕たちを呼んでいた。僕と町田君は、青川君の方へ向かった。