nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

 今週のハイキューよかったね。 潔子さんの言葉が心に残りました

毎週僕は、週刊少年ジャンプを読んでいて、毎週、面白く読んでいます。

ハイキューを読んでいて、とても僕の心に残った言葉があるので、ここに書きたいと思います。

それは、ハイキューという漫画の烏野高校のバレーボール部のマネージャーの清水 潔子というキャラクターが言った、「練習して練習して練習して積んできたものは想像以上にあっけなく終わるそれがどうした、敗北を確信しているわけじゃない勝利を確信しているわけじゃない。」という言葉です。

僕は、この言葉が、とても心に残りました

清水 潔子さんは、昔、陸上競技のハードルをやっていましたが、けがをしてやめてしまったそうです。今まで、かけてきたことが続けられなくなって残念な気持ちでいっぱいになっていましたが、高校に入学してバレーボール部のマネージャーになって、新しく打ち込むものを見つけたそうです。

今週のジャンプ、銀魂もハイキューも面白かったです。

ジャンプは、毎週読んでいるて、面白いですが、きょうは、いつにもまして面白かったです。

僕は、潔子さんの「練習して練習して練習して積んできたものは想像以上にあっけなく終わるそれがどうした、敗北を確信しているわけじゃない勝利を確信しているわけじゃない。」

という言葉はいい言葉だと思いました。。僕はこの言葉を読んで何事も、打ち込み続けることが大事なんだと思いました。挫折したり、ケガなどで、やめるしかなくなったとしても、何かに挑むという姿勢が大事なのだなと思いました。

ハイキューを読んでいると僕もバレーボールをしたくなります。

清水 潔子さんは、カッコいい人だなと思いました。