読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

局長のまなざし  僕の街

何が起こったというの。今、とてつもない衝撃が私の体を過ぎていったような、

これは、凄まじい、これが、町の守護者の拳なのか。

意識が遠くなる、瞬間移動をすれば、何とかなったのに、こいつを踏むのに、集中しすぎていた、「クソ、クソ。」マミちゃんは、吹っ飛ばされながら、風を感じていたその風が、殴られて、熱くなった左頬を覚ましていた。

左目は、うっすらとしか見えない、どうやら私は、目をやられてしまったようだ。

左目から見た世界は、すりガラスのようだ。右目は、この町を守る者を見ていた。

この町を守る者は、鬼のようなまなざしで、こちらをみていた、メガネの向こうからしっかりと、見た。私は今、宇宙にいるの、重力を感じない、風になっている。私は、風になっているのね。私は、風になっているんだわ。

私が、そう思うと、私の目の前に、黒が広がった。なんて、深い闇なの?吸い込まれそうだわ。私は、闇に」吸い込まれていった。

 

「やったぜ、やっぱり、この町を守ってる人って、

頼りになるぜ、。」ジョーは、そう思いながら、守護者の方を見た、守護者は、吹っ飛ばされたアイツの方をじっと見ていた。その目は、鬼の様な目だった。

俺は、その目を見たとき、この人も怖い人なんだなと思った。

アンドレも向こうの方から、その男を見ていた。

アンドレの目に映った、その男は、とても頼もしい印象をアンンドレに与えた。

その頼もしい、男は、吹っ飛ばされたマミちゃんの方に向かった。

そして、マミちゃんの顔を、見た、そして

「君には、まだ、生きていてもらうよ、事件を解決しなくちゃいけないから。」といった。