nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

真田丸をみた。秀次が切腹してしまった

真田丸を見ていた、豊臣秀吉豊臣秀次は、最後まで、上手く、お互いの気持ちを分かり合うことができなかった。

秀吉は、秀次を助けようとしていました。
しかし、秀吉や信繁やお兄ちゃんも彼を助けようとしていました、しかし、秀次は、自分でお腹を切って切腹して、死んでしまったのです。
秀吉は、秀頼に自分の後を継がせようとしていて、秀次を切腹させたと僕は、思っていました。でも、今回は違っていました…。
秀吉は、秀次に期待していたんですね。どうして、それを秀吉は秀次に言わなかったんだろうね。
今回の真田丸のお話は、最近、発見された、秀吉は、秀次に、切腹を命じていないという説を元にできたお話なのだそうです。
その説によると、秀吉は、「秀次が、高野山に住むにあたっては、見張り番をつけよう、それから、料理を作る料理人、お世話役をつけてやろう。」と言ったそうです。ドラマの中でも秀吉は、「あいつにあんなに目をかけてやった」と言っていました。僕は秀吉は、秀次に、期待していて、秀吉が高野山にいる秀次に料理人、世話役までつけてあげようとしていたとは、知りませんでした。
二人は最後まで、お互いの気持ちを分かり合えなかった。
二人がもしも分かり合っていて、秀頼を秀次が守っていれば、豊臣政権は、倒れなかったかもしれないと今回のドラマを見て思いました。
人と人がお互いの気持ちを分かり合うのは難しいことなのだと思いました。
僕は、今回の真田丸を見て、悲しくなりました。歴史とは、残酷なのだと思いました。
今日の真田丸は、暗い話だった、でも、戦国時代の怖さ、恐ろしさが伝わってきたて、良かったです。
そんな、暗い話でも、きりちゃんは可愛かった。きりちゃんは、暗い話でも明るいままだった。きりちゃん、kawaii。^o^