nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

いいだろう。鬼退治だ、アンドレ。

「あなたの時代は終わりです。ジョージ・リー。」

マミは、ジョージに引導を渡すようにそういった。」

「ふふ、瞬間移動を本当にできる人がいるとは・・・。」

ジョージは、先ほどの炎のかかと落としで、背中に大やけどを負った、しかし、彼には、まだ話す気力があった。

「まだ、そんな元気があるのか、ジョージ。だが、これで最後だ。」

そういって、彼女は、ジョージ・リー局長の頭に先ほどの蹴りを入れようとした。さすがの局長も、頭に炎の蹴りを入れられては、再起不能になってしまう。

「お前の時代は、終わりを告げるのだーー。」

マミは、再び、自分の足を高く上げた、彼女が足を高く上げると、彼女の足はメラメラと燃え出した、先ほどは、綺麗な真紅の炎であったが、今度は、青く燃えだした。

「大変だよ、ジョー君、僕も女の人に蹴られたいけど、あんな炎の蹴りを二回もされたら、さすがの局長さんでも、再起不能だよ。」

アンドレが心配そうに、言う。

「・・・・」

ジョーは、答えない。

ジョー君?。」

優しいアンドレは、ジョーも心配する。

「・・・ぞ。・・・ドレ、ゴホ。」

そんな彼に、彼はせき込みながら言った。

「えっ、何、ジョー君?」

アンドレは聞き返す。

しかし、彼は、何も答えない。

ジョーをアンドレは、優しい目で見た。

彼は、アンドレの優しい目に、移りながら、前に進んだ。

嘘でしょ。と彼は思った。しかし、そう思った彼も気が付くと、ジョーの後ろについていった。

向こうから、誰かが、近づいてくる、フードを被った、ガリガリの少年と優しい目をした太めの少年が近づいてくる。

彼女は、あなたたちに何ができるの。?と、彼らを嘲笑した。

彼らは、静かに燃えていた。

「いい加減にしろ、すげぇやけどじゃねえか、いい加減にしろー。」

ジョーは、彼女にとびかかっていった、キヨシのように。

アンドレも、「蹴るなら、僕を蹴ろーーー」。と絶叫し、彼女に頭突きをした。

彼女は、アンドレの頭突きとジョーを、間一髪のところで、かわした。

彼女は、彼らの攻撃をかわすと鬼の形相で、「何をするんだーー。いいでしょう、あいてしてあげるわよ。」といった。

彼らは、鬼の方へ向かう。

「いいだろう。鬼退治だ、アンドレ。いくぞ。」

アンドレ「うん、へへ、楽しみだ。」

彼らは、豪快に笑った。