nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

マミちゃんを待ちながら 僕の街

キヨシは、マクガイヤーの取り調べが終わると、廊下に出た。

キヨシは、(さっきの雨雲なんだったんだ。とても嫌な予感がするな)と思った。

彼の心の中で、とても恐ろしい物が渦巻いた。キヨシの頭に千代ちゃんやシンゴ、ジョー、アンドレの事がよぎった。

あの雲は、マクガイヤーと関係があるのか。怪獣人間のマクガイヤーが恐れる存在とは、一体。

彼は、気分を変えるため、廊下の自動販売機で、ジュースを買った。

彼がジュースを飲むと、彼の口に、南国の甘い味が広がった。

彼がジュースを飲んでいると、ガクトがやってきた。彼もジュースを買いに来たようだ。

「キヨシ殿、お疲れ様でござる。なにか、情報はつかめたでゴザルか。」

ガクトがキヨシに聞いた。

キヨシは、「何も、あいつ、黙秘するって。でも、なんだか、おびえていたんだ。」

「怯えていた?、マクガイヤー殿は、怪獣に変身できるのでござろう?そんな彼がどうして怯えるのでござるか。その人は自分がかなわない相手なのでござろうか?」

ガクトがキヨシに聞く。

「わからない。とにかく、マクガイヤーの事を調べるには、あいつの身辺と「その人」について調べてみなければ、いけない。まずは、それからだ。」

キヨシが答える。その声はやる気に満ちていた。

「小生も協力するでござるよ。」

 

「ありがとう。ガクト。」

清は嬉しくなり、ガクトに、ジュースをおごった。彼は、かたじけないと清からジュースを受け取った。清はガクトにジュースを渡しながら、

(ガクトが協力してくれた。よし、頑張ろう。)と思った。

そのころ、留置場では、マクガイヤーが怯えていた。

「あの雲があるって事は、ニューヨークが来たってことだ。ニューヨークが来たってことは、奴らもこの町に向かってるってことだな。」

と暗い留置場の中で呟いていた。

「恐ろしい、なんという事だ。俺は、殺される。でも、皆来るってことは、マミちゃんも来るってことだよねぇ――。」

マクガイヤーは、そう思うと、ふと、笑ってしまった。

恐ろしいと恐れてみたり、恐れて震えていたかと思うと笑ってみたり、忙しい男である。

マクガイヤーがそうやって笑っていると、見張りの裏生徒会副会長から「うるさいぞ、静かにしろ。」と言われた。

マクガイヤーは、注意を受けて、「はい。」といった。

彼が、笑うのをやめると、また恐怖で、彼の体は、恐怖で震えだした。

 

「うるさいぞ、静かにしろ。」

裏生徒会副会長のその声には、いら立ちがこもっていた。

彼女は、留置場の入り口の見張りをしていた。彼女は見張りをしながら、手に黒い鞭を持って、その鞭で、人をたたく練習をしていた。

彼女が見張りをしていると、向こうから、花が来た。

彼も見張りの一人であった。

花はトイレに行っていた。

彼女は、裏生徒会副会長の所に戻xってくると、「ねえ、局長が戻ってきたんだって、廊下で、話してた。」と元気にいった。

「なぜ、局長は、中国へ行っていたのに。局長は修行を途中で切り上げたのか。花よ、なぜだ。?」

裏生徒会副会長は、驚いたように言った。

「そんなこと、いったって、わかんないよ。」

花は、裏生徒会副会長の語気に押されて、困惑した。

「それだけ、今回の事件は、大事だったんじゃないの。ボリューム基地に犯罪者が入ってきたんだから。」

「そうか、しかし、なぜ、あの修行が三度の飯よりも好きな局長がそんなことを。」

裏生徒会副会長は、不思議に思った

マクガイヤーは外で、女たちが騒いでいるなと思っていたそして、笑いながら、早く来(ないかな、マミちゃん。)と思った。

 

彼が笑うと、また、裏生徒会副会長注意された。

マクガイヤーは、イラついて

マクガイヤーは、(みんな揃ったら見てろよ。)と思った。

マミちゃんを待ちながら、そう思った。

(彼女も来るのか。楽しみだ。)

マクガイヤーが拘置所で、女たちの声をききながら、マミちゃんヘ思いを巡らせている時、ジョージ・リー局長は、

気を失ったニューヨークに手錠をかけながら、ジョーとアンドレと楽しく話していた。