読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

逮捕するニューヨーク 僕の街

僕の好きなもの集合

「なんだあれ。」アンドレは言った。

「おい、どうしたんだよ。アンドレ。」

ジョーが呟く。

「あれ、なんだろ、空に黒い雲が。」

「うん?」

先ほどから、アンドレは、空を見上げていた。今日の僕の街は、快晴で見渡す限り、アンドレの視界には、青空が広がっていた。ある一点をのぞいては、空の上にある其れは、突然、現れた。

アンドレは、それを見て、不思議に思っていた。

ジョーもそれを見上げた。

其れは、黒い、不気味な雲だった。

「何か、蜘蛛の中から出てきたぞ。」

「えっ、本当に。」

アンドレは、ジョーが見たものを探した。

アンドレがそれを探すのに、もたもたしていると、ジョーが「あれだ。あれ、人が出てきた。こっちを、見てる。」

アンドレは、ジョーに促されて、その方向を見た。アンドレの円らな瞳は、それを見た。

青空に、一人男が立っていた。

男は、この空は、地面だといわんばかりに、そこに立っていた。

その男は、中指を立てた。

それを、ジョーは見ていた。

「あいつ、フォックサインしてやがる。。」

男は、眼下の街を見た。小汚い街だぜ。と思った。

彼は、「仕事だ―。」と大声を挙げると、眼下の街に降りて行った。

彼は先ほどから、こちらを見ている、男子高校生二人を、獲物に選んだようだ。

「うわ、こっちにくるよ、ジョー君。」

「やべぇ、逃げるぞ、アンドレ。」

獲物は逃げる。

彼らは人間だ。しかし、空から降りている彼にとって、彼は、アリだった。」

「さらばだーー。」

彼は、そういって、眼下の二人に向かって、手裏剣を投げた。

ジョー、アンドレたちは、逃げる。

空飛ぶ、何かから、逃げる。

「何だ、あれ、怖い。キヨシ君に連絡した方がいいかな、ボリュームに連絡しよう。」アンドレは、自分のスマホを取り出し、ボリュームに連絡した。

その、スマホに何かが当たった、手裏剣だ。アンドレは命を拾った。

アンドレのスマホの液晶に、手裏剣がささり、ひびが入った。

アンドレは、びっくりして、自分のスマホを落としてしまった。

「うわーー。」

男は、驚いているアンドレを面白がった。

そして、もう一回、彼に手裏剣を投げようとした。

その時、ジョージ・リーがやってきた。

彼は「逮捕する。ニューヨーク」と叫ぶと、彼の背中にキックした。

彼は、背中にキックされ、眼下の街に落ちた。

ジョーは、驚いた。「来たぞ。」と思わず、声を上げた。

アンドレ、「良かった。」と言って胸をなでおろした。

 アンドレが胸をなでおろしていたが、これは、事件の始まりに過ぎなかった。

ニューヨークたちは、着々とこの町に集まっていた。

ニューヨークは、空を風を感じながら落ちていた。

ニューヨークは、「風が気持ちいい。」とかっこつけていた。

彼がかっこつけていると、「逮捕する。ニューヨーク。」という声が聞こえた。

先ほど聞いた。声だった。

彼は、また蹴られた。今度は、空の上に打ち上げられた。

ニューヨークは、「良い空だ。」といって。空で、気を失った。

その日の僕の町の本当にいい空だった

ほんとうにいい青い空だ。

本当にいい空だった

ほんとうに青い空だ

                

彼が気を失った後も彼は、三回、空と眼下の街を行ったり来たりした。

その度に彼の体に心地よい風が当たった。

その風はとても良い風だった。しかし、その風の感触を彼は知らない。