nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

ボクノ町の物語 僕の好きなものが集まるお話 ガクト対宇宙怪獣マクガイヤー 

「へへ、ここがボリュームの基地か、へー。」

声の主はマクガイヤー、ウェールズ人で、怪獣に変身できる男である。

ここは、ボリュームの基地、強き者たちが集まる基地だ。

今は、きよしひとりである、皆、パトロールに行っている。

「おーい、誰かいるのか、この町の防衛組織がこんな粗末な組織だとはな。入らせてもらうぜ。おーい、局長はーー・」

マクガイヤーの流ちょうな日本語が、基地の廊下にこだましていた。

きよしは、そんなことに気づかずに、宿題をしていた、いつもは、ガクトに勉強を教えてもらっているのだが、今日は、彼もパトロールに行っているため、1人で宿題をしていた。「難しいな。これ。」彼は難しい顔を射ながら、問題を解いていた。

脅威がせまっているとは、気づかずに。

「ホントに誰もいないのか、なら、もっと先に行くぞ、あれ、部屋に明かりがついている、明かりのほうへ近づいていく、マクガイヤー。

「へへ、誰かいるのか。」

マクガイヤーは、怖い顔をして、明かりの方へ近づいていく、その顔は人の顔ではなかった。もう、変身していた、恐ろしい怪獣に。

そんな、彼を呼び止める声があった。

「きよしくん1人、置いていくのはやはり、危険だったでござるな。。もし、小生とたたかうでござるよ。」

「なんだぁ、俺に勝てんのか、お前。」マクガイヤーはその声に怖い顔して振り向く

「やって見なくちゃ、わからぬでござるよ。」

彼は、青龍えんげつとうを持っていた、この青龍えんげつとうは特殊なえんげつとうで、相手を切るのではなく、相手を電撃で気絶させるものである。

「子供が、僕を足止めするって、?アーサー王みたいだ。面白い、食ってやろう。」

「ふっ、今、小生の事を子供といったで、ござるな、小生は、高校生でござーる。」

「どっちでもいい、食べれば、君も食べものだ。」

怪獣は、少年に襲い掛かった、目にもとまらぬ早業であった、

少年はやられてしまったのか?

いや、彼はやられていなかった、マクガイヤーがこちらに飛びつこうとした瞬間、彼はとっさの判断で、電気ショックをマクガイヤーに浴びせたのだった。

マクガイヤーは一瞬、何が起きたかわからなかった、俺は確かにあいつに飛びついたはずだと思った、しかし、その思いは、白くなって消えた。彼の頭は混乱し、彼は、気を失った。

彼は、地面に倒れた、その彼に手錠をかけるものがいた。少年の名はガクトといった。