nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

真田丸の北条氏政

真田丸、面白いです。僕は、毎週見ています。

秀吉が20万の兵を集めて、北条氏政の城を包囲しています。

信繁たち北条討伐に参加しています。

上杉景勝も北条討伐に参加しています。

今は、秀吉の天下、日本中の大名が秀吉に従っていました。

しかし、北条は関東の覇者としての誇りがあるため、従っていませんでした。

北条氏政は、同じく秀吉に従っていなかった、伊達政宗を頼りにしていましたが、

伊達政宗は、秀吉に従い、北条には、味方がいなくなってしまいました。

小田原城が包囲され、絶望的な状況に立たされた北条氏政、氏直。

氏政はこのような状況に立たされても、関東の覇者としてのプライドを捨ず、秀吉と戦うと決め、幸福を拒否。一方、信繁の父、昌幸、信繁の兄、信幸は、北条の拠点、忍城を攻めあぐねていた。そこへ、石田三成がやってきて、信繁の父、昌幸、信繁の兄、信幸と対立する。

そのころ、信繁は、徳川家康大谷吉継に呼び出されていた、

このとき、信繁はなぜ自分が呼び出されたのか、わからなかった。

なぜ彼は、呼び出されたのだろう。彼はまだ知らない、この呼び出しがある作戦の始まりであることを。

それを聞いた彼は、小田原城に向かった。

果たして、小田原城に向かった彼は、無事、北条氏政を説得できるのか。

 

真田丸、楽しみです。

最後まで、関東の覇者として、戦うことを決めた、北条氏政はかっこいいですね。

関東の覇者たるもの、最後まで、覇者であれということなんですね。

ボロボロになっても、最後までたち続ける、ファイテングポーズをとり続ける、其の心意気は男ですね。

真田丸、来週も楽しみです。