nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

王様の夢

ある国の王様が夢を見た。その夢は、ある女性が切り森の切り株に座って竪琴を引いているという夢だった。森の中で竪琴を引いている彼女はとても美しく、王様はその夢の中の彼女に惚れてしまった。寝ても覚めても、王様は夢の中の彼女のことが忘れられず、仕事も手につかくなってしまった。そんな王様を見て、困った王様の家臣は、王様に夢の女の子の話をを聞き、その夢に出てきた女の子に似た女の子を探しました。

家臣は、王様のために国中を探しました。王様も護衛の兵たち一緒に、馬に乗って国中を探しました。探して、探して。探しました。すると、夢の中の女の子と瓜二つ、そっくり女の子がみつかったのです。夢の女の子とそっくりな女の子を見つけた王様はとてもよこび、「僕のお城に来てくれないか。君と似た女の子が僕の夢に出てきて、それからというもの。僕は、その子が忘れられない。仕事も手につかぬ。僕の城へ来てほしい。」といいました。その王様の願いを聞いた女の子は首をってには降りませんでした。そして、王様にこう言いました。「王様。私は、あなたのお城には行けません。私に会いたければ、王様、あなたが私の家まで来てください。」といいました。

その王様は女の子の話を聞いてとても困りました。なぜならば、王様のお城と女の子の家は遠くはなれていて、お城と家の間には山がいくつもあったのです。

毎回、会いに行くには、山越えが大変です。毎回、王様が女の子のところに行くには、この山を切り崩さなければ、なりません。

おうさまは、可愛い女の子にあうために、山をなんとか、頑張って切り崩して、お城と女の子の家の間に大きな道を作りました。

これで、王様は、いつでも女の子の家に、あそびにいけるようになりました。

王様は、この道をヘレンロードとなずけました。ヘレンというのは、女の子の名前です。

夢に出てきた女の子ととそっくりな女の子が本当にいたなんて、そして、そのことつき会うなんて,なんてロマンチックなんだろう。

僕は、このお話のおうさまがうらやましいです。^^

いいなぁ。^^ ロマンチックだな。^^