nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

平等の人、アーサー

アーサー王は、本当に良い人だと思います。

彼は、王になれる剣を抜き、王になったそうです。

しかし、僕は、これを読んだとき、本当に剣をぬいただけで、王様になれるのかな。

どうして、彼は、王様になれたのかと思いました。彼は、優しい人だったそうです。

アーサーは王様になるために、人に平等に接すること、困っている人がいたら助け、おなかがすいた人がいれば、食事を用意する。

人にやさしくしたアーサーは、助けてあげた人から、感謝され、信頼されていきます。

助けられた人たちは、今度は僕らが助ける番だとアーサーの仲間になります。

人にやさしくして、良いことをすると仲間が増えていくんですね。

しかし、優しいだけでは、生きていけないのが、戦いの世界です。

彼が、仲間を集めた後にしたことは、議会の場を設けることです。

議会、話し合いの場がなければ、皆が一つにまとまりません。

優しいだけでは、生きていけないのです。時に目標のために、戦わなければいけない時もあります。しかし、アーサーは議会の場を作るときでも優しい気持ちを忘れなかったのです

アーサーは、議会の時に皆で使うテーブルを円いテーブルにして、皆、対等に、意見をいえるようにしたのです。

血を流す戦いはいけないことですが、こうすると、意見を議会でためらわずに、

意見を言えますね。意見を戦わせることができますね。

仲間を集め、議会を作った彼が次にしたことは、仲間たちの待遇をよくすることです。

どんなに強い人でも、待遇が良くないと、たたかってくれません。

アーサーは、アーサーのいう事をちゃんと聞いて、良く働き、手柄をとれば、

頑張った人に領土を与えたりしました。

 

アーサーは優しく、強い王様だったのですね。

僕も仲間になりたいです。^^

優しさと、仲間を思う心、仲間の意見を対等に聞き、一つの大きな目標に向かって頑張る、

優しい王様、アーサー。僕も仲間になりたいです。