nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

アーサー王、熱き男の伝説

あるとき、誰にも抜くことができない、剣があった。

力自慢の者でも抜くことができなかった。

この剣はびくともしなかった、どこの誰が、どう頑張っても、びくともしなかった。

その剣を抜いた者がいた、彼は、力には自信があったが、

力自慢というわけではなかった。そんな彼はまだ知らない、自分がその剣を抜き、この国の王となるという事を。彼の名前はアーサーと言った。 

このような物語が本当にあったのです。この物語の名前は、アーサー王伝説

この物語は、アーサーという少年が、岩に刺さった剣を抜き、王となり、魔法使いのマーリン、騎士のランスロットと円卓の騎士たちとともに、他国のライバルの王たちと戦い、広大な領地を得て、イギリス統一を目指す。というお話です。

 

仲間と出会い、あまたの戦を乗り越え、広大な領地を得た彼を苦々しく、思っている者がいた。

ローマ皇帝だ。とうとう彼は、ローマの皇帝とも戦う事になった。剣を抜いた少年は、

剣を抜き、ローマ皇帝に挑むことになるのだ。あのローマに挑むのだ。

ローマは大国だ。超大国だ。

ローマ帝国は、彼らより強く、手勢も多いかもしれない、百戦錬磨の男たちが、たくさんいるかもしれない。しかし、

少年は、恐れなかった。少年は、一人では、なかったから、

苦楽を共にした勇敢な頼もしい仲間がいたから。少年は少年だが、少年ではなかったから。

「皆がいるから頑張れる、皆がいるから越えられる。どんな壁でも。どんな壁でも超えてきた、超えてやる。皆で。俺の力で。」

ローマ帝国に果敢に挑んでいくアーサーたち。戦は、一進一退。

何日もの激戦、激戦。

たくさんの者たちが命をもやし、倒れていく敵も味方も。

そして、アーサーは皇帝と一騎打ち。

「さぁ、剣を抜け。アーサー。」

皇帝は待っていたたこの瞬間を、楽しみに待っていた。

「いくぞ。」少年は剣を抜き、皇帝に挑む、あの日、剣を抜いた少年は、剣を持ち、剣で戦い、,剣に育てられ、王となった。そして、王は皇帝に挑む、これは、彼の定めなのか。皇帝と戦うことは、定めなのか。誰かが彼をためしているのか。

そんなことを、彼は、考えなかった、彼が考えているのはたった一つ、皇帝を倒すこと。仲間といまある壁を待た超える事。

皇帝も考えていることはたった一つだった。ローマの敵は、消さねばなるまいと。今迫ってくる壁を超えるだけだと。」

今二人は、剣を交える。銀の2つの剣が交わった。壁を越えようとする力が、重なった熱い剣が重なった。

「ウォー―。」

「ウリャー。」

二人の男のこれが戦場にこだました。いや、幾多男の声だ。武人声だ

戦場とは、そういう場所だった。

アーサー王は、この一騎打ちを制した。

彼の剣が、皇帝を超えたのだ。

彼は、またひとつ壁を超えた。

「やったのか。勝ったぞ。」

彼の鎧は、赤くなっていた。その赤さは、あざやかではなかった。

その時、彼は、この戦に勝ったのだ。

彼は、また壁を越え、成長した。

彼の後ろから、声がした。仲間たちの勇敢な声だ。

別の場所では、まだ、仲間たちが戦っている。

その声を聞いて、彼は「ありとう。いつも助かっている」とつぶやいた。

 

彼は、これから、高い壁にぶつかる。皇帝よりも高い壁に。それでも彼はまた、超えていくのだろう。皆で力を合わせて。

 

皆がいるから頑張れる、皆がいるから越えられる。どんな壁でも。どんな壁でも超えてきた、超えてやる。皆で。俺の力で。

 

 

おしまい

 

アーサー王伝説はとても面白いロマンたっぷりのお話です。

僕もアーサー王みたいになりたいです。

アーサー王伝説、いいね。

です。

この物語には、魔法の剣、エクスカリバーが登場したり、魔法使いが出てきたりとファンタジー要素がたっぷりで、世界的にも大人気なお話です。

魔法の剣に魔法使い、男のロマンですね。