お姉さんが、守ってあげるね。 パラレルファクター

私は、それを見たとき、助けてあげないと。と思って、一目散に、「危ない。」と大きな声を出して、その子を抱っこして、部屋へ町田君と戻りました。 私も本当は、その子を助けるとき、少し、怖かったですが、助けようっていう気持ちで私の頭の中がいっぱいになって、すぐ、飛び出してその子を助けました。 その子は、ハサ…