僕もアスミちゃんの脚、みたかったです。坂津さんのそれぞれの入国を読んで パラレルファクター

僕は、見てしまった。あの子の脚を、あの子の脚は、白く、女部屋の暖かい照明に照らされ、オレンジがかっていた。 僕は、朝食を終えた後、カウンチュドさんと僕が泊まった部屋に戻って、ベッドで横になっていた。男部屋は昨日の騒ぎが嘘のようにしんとしていた。僕は、ベットは、僕を優しく包んでくれていた。白いシーツの…