nezuzyouziのブログ

nezuzyouziの日々のことを書く ブログです。

町田くんのプレゼント パラレルファクター

僕は、アスミちゃんに、あの時のお礼がしたくて、お小遣いでプレゼントを買うことにした。
僕のお小遣いは、そんなに多くはなかったが、どうしてもあの時のお礼がしたかったのだ。
僕は、自分の部屋で何がいいかと考えた、僕は、アスミちゃんは、よく手帳に書きものをしているので、ボールペンかなという考えが浮かんできた。
僕は、そう思うとさっそく文房具屋さんに向かった。
その文房具屋さんは、とても小さな文房具屋さんで、僕の通っている、音楽教室の近くにあった。
僕は、文房具屋さんで、アスミちゃんが喜びそうな、ボールペンを探した。お小遣いが少ないから、あんまり、高いものは買えないけれど、気持ちを込めて選ぼうと思った。
だけど、小さかった僕には、いろんなものがありすぎて、よくわからなかった。僕はよくわからなくなって困ってしまった"
僕が困っていると、文房具屋さんのおじさんが「あれ、ヤスオちゃん、探し物かい。」と声を掛けられた。
僕は、そのおじさんに、「はい、そうなんです。プレゼント、ボールペンをプレゼントしたいと思って。」と元気に言った。
すると、おじさんは、「プレゼント、ヤスオちゃんが・・珍しい事もあるもんだ。で、だれなんだい。」と言ってきた。
僕は、そのおじさんの「誰なんだい。?」を聞いたとき、顔が真っ赤になった。そして、誰にあげたっていいじゃないか、と思った。恥ずかしかった。
僕が顔を真っ赤にして、もじもじしながら、恥ずかしそうにおじさんの方を見ているとおじさんは「女の子だね。」と笑って、「そうね。女の子向きのはそっちにあるよ。」と女の子向きのボールペンがおいてある方を指をさして、教えてくれた
僕は、おじさんがレジから指さした方へ向かっって、女の子向きのボールペンを探した。そこは、ピンクや赤、水色、黄緑、ハート柄、スペード柄、クローバー柄などとってもきれいなボールペンがたくさんあった。
僕は、色とりどりの、ボールペンたちにすごい。綺麗な色のボールペンがたくさんあると声を上げて、喜んだ。
僕が喜んでいると、文房具屋さんのおじさんがやってj来てにこっと笑って、「すごいだろ、ヤスオちゃん。一緒に、選んであげようね。」といった。
僕は、そのおじさんの声を聴いて、「はい、おじさん。どれがいいかなといった。
僕とおじさんは、そのあと、アスミちゃんにプレゼントするボールペンを探した。
僕は、このボールペン選びがとても楽しかったことを今でも、覚えている、自分でもなんで、あんなに、楽しかったのか、分らないが、おなかから声を出して笑っていたような気がする
僕は、クローバーがいいかな、スペードがいいかなと、おじさんと楽しくボールペン、選びをした。そして、僕は、ハートがたくさん書いてあるピンク色のボールペンを見つけた。
その時、僕は、「おじさん、僕、これにするよ。」と、喜んでいった。
すると、おじさんは、「ヤスオちゃん、これね。見つかってよかったね。毎度」と言ってそのボールペンをレジに持って行ってくれた。
僕は、レジで、お金を払うと、ハートがたくさん書いてあるピンク色のボールペンをおじさんから受け取った。
僕が、ボールペンを受け取るとき、おじさんが、「サービスだよ。」と言って、可愛い袋にボールペンを入れてくれた。
その紙袋には、可愛い動物のキャラクターがたくさん書いてあった。
僕はその可愛い袋を見て、アスミちゃん、喜ぶだろうなと思った。
僕は、その紙袋を受け取ると、「ありがとう、おじさん。僕、頑張るよ。」と言った。その時、おじさんは、「ヤスオちゃん、頑張るんだよ。」と言って、にっこり笑った。
その顔を見て僕もにっこり笑った。
僕は文房具屋さんを後にすると、家に帰って、音楽教室に行く準備をした。そして、家を出た。
あんなにやめたくて、仕方がなかった音楽教室、今では、早く行きたくて、行きたくて仕方がない。なぜだろう。?なんでこんなにたのしいんだろう?あの子にあえるからかな。
今日は、その子にプレゼントを渡すんだ。よろこんでくれるといいなあ。アスミちゃん。僕はそんなことを思いながら、音楽教室に向かった。
音楽教室にいくとあの子がいた。アスミちゃんだ。僕は、レッスンが始まる前にアスミちゃんにプレゼントを渡した。
僕が、アスミちゃんにプレゼントを渡すと、「プレゼントだー。」と言って喜んだ。そして、「大事に使うからね。」と言った。
そして、僕に、これ、お返しと言って、モーツァルトの ロンド ニ長調を弾いてくれた。
その曲は、とても楽しい曲だった。アスミちゃんの曲を聞いているとさっきの文房具屋さんで、文房具を探している所が僕の頭に浮かんできた。
気が付くと、僕はにこっと笑っていた。
アスミちゃんは、モーツァルトの ロンド ニ長調を弾いているとき、とても楽しそうにしていた。
僕は、モーツァルトの ロンド ニ長調を弾いているアスミちゃんを見て、「アスミちゃん、うれしいんだな。アスミちゃんにプレゼントしてよかったな」と思った。そう思うとまた僕は笑った。
モーツァルトのロンドニ長調を弾いているときのアスミちゃんの顔とってもかわいかった。
アスミちゃんの演奏が終わると僕は、アスミちゃんに拍手をした。気がつくとアスミちゃんの周りには、たくさんの他のお友だちがいた。僕と一緒にその子たちも一緒に聞いていたのだ。そして、他のお友だちも拍手した。
たくさんの拍手を浴びるアスミちゃんはとてもキラキラしていた。そして、アスミちゃんはみんなの方を見て、深々とお辞儀して、元気な声で「みんな聞いてくれてありがとう。私もたのしかったよ。」と言った。
僕もとてもうれしかった。そして、また拍手した。そしたら、周りのみんなも拍手した。すると今度はアスミちゃんも拍手していた。
そのアスミちゃんの顔はまた笑っていた。

 

 

思いでのボールペン パラレルファクター

今日は、私の大切なもののお話をしたいと思います。

それは、町田君がくれたハート柄のボールペンです。

私は、このボールペンが大好きです。

このボールペンは、私が小さい頃に、初めて町田くんがくれたプレゼントで私の大切なものです

いつも、町田君にお手紙を書くときや、楽譜を書くときに予定を書くときにつかっています。

私はこのボールペンが好きです。それは、このボールペンを使っていると町田君がいつもそばにいてくれるようなきがするからです。

町田君は、とても優しいです。このボールペン、ありがとうね。ずっと、ずっと使うよ。町田君にボールペン貰った時とてもうれしかったよ。ありがとう。

 

以前、町田君は、私が怪獣に襲われたりしたとき、必ず、護ってくれるって約束しました。

その言葉を聞いたとき、私は「うわー。町田君は私のヒーローなんだ。」と思ってとてもうれしくなりました。

「町田君、かっこいいね。私、とてもうれしかったよ。ありがとうね。」

アスミちゃんはそういって、自分の手が持ったハートの柄のボールペンを嬉しそうに見て、ふふっと笑った。

 

 あとがき

 今日は、町田くんとアスミちゃんが坂津佳奈さんのお話に出てきたので、とてもうれしかったです。
怖い怪人から、アスミちゃんを守る町田君はとてもかっこよかったです。"
坂津佳奈さん、ありがとうございます。僕はとてもうれしいです。自分の作ったキャラクターが冒険するってたのしいですね。
坂津佳奈さん、 ありがとうございました。

町田君、テレビを見る。頑張ってね。アスミちゃん。僕、応援してるからね パラレルファクター

僕は、テレビを見ていた。

僕はテレビも好きだ。テレビは、本と同じように僕に知らない世界を教えてくれる

テレビでビックバンセオリーを見る時、dvdやドラマを見る時、僕にとって、その時間は、とても楽しい時間だ。

僕は、今日も自分の家でテレビを見る。

テレビには、僕が見覚えのある笑顔が可愛い女の子が映っていた。

僕は、テレビに映るその子を見たとき、可愛い子だなと思った。そして、そう思ったとに、「あれ、この子はアスミちゃんじゃないか。」、言った。

その声は、自分でもびっくりするくらい大きな声で、僕は、アスミちゃんがテレビに

出て、うれしいのだろうなと思った。テレビに映るアスミちゃんは、ライトを浴びて、インタビューを受けていた。インタビューを受けているアスミちゃんは、いつもより、緊張している様子だった。そんなアスミちゃんに、アスミちゃんのピアノの先生であるジェームズ先生が、「緊張しないで。リラックス、リラックス」と声をかけていた。ジェームズ先生が声をかけると、アスミちゃんの顔が、ぱあっと明るくなって、いつものニコニコ背顔になった。僕はそれを見て、テレビの前で、「そうだよ。アスミちゃんは笑顔が可愛いいんだ。だから、いつも笑っていてと、心の中で思った。アスミちゃんは、その後もニコニコ笑顔で、質問に答えていった。

僕は、アスミちゃんの笑顔にいつも助けられている。僕は、くやしいけれど、アスミちゃんの様には、笑えない。小さい頃は笑えたかもしれない。でも、今は違ってしまった。

でも、僕は、悲しい時、つらい時、アスミちゃんの笑顔を思い出す。アスミちゃんの笑顔を思い出すと、僕の心はあったかくなる。そして、いつの間にやら笑っているのだ。僕が悲しいよって泣いている時、困ったことがあって、苦しんでいる時、アスミちゃんは、ニコニコ笑って、今日もピアノを弾いているんだ。と思うと僕もまた元気が湧いてくる。

アスミちゃんも本当は、つらい事悲しい事があるんだろう。でも、アスミちゃんは、逃げない。怖くても逃げずにピアノを弾く、今日も笑ってピアノの前に座る。ぼくはそんなアスミちゃんをかっこいいと思う。

悲しいことがあっても、つらいことがあっても前に、進む、突き進む、笑顔で楽しく進んでいく。アスミちゃんの笑顔は、そんな強い人の笑顔だと思う。

僕は、テレビを見ていていた。テレビでは、アスミちゃんがいつものニコニコ笑顔で、ピアノを弾いていた、曲は、エルガーの愛の挨拶だ。

その曲を僕は聞いた。アスミちゃんの曲は、よく聞くのだが、今日弾いた「愛の挨拶」は、その中でもとくに良い曲だと思った。

僕はそれを聴いて、アスミちゃんは、このテレビを見ている人にピアノを弾いて、皆に、「私、アスミです。よろしくね。」と、挨拶をしているんだなと思った。

だから、僕は、テレビの中のアスミちゃんに向かって「アスミちゃん、頑張って、これからも、皆の心をあったかくするような、ピアノをたくさん弾いてね。僕、応援しているよ。」といった。

その時、テレビの中のアスミちゃんは、大好きなイチゴのショートケーキを、ジェームズ先生やお父さんとおいしそうに食べていた。

その時のアスミちゃんはニコニコしていた。

 

 

小説 パラレルファクター参加作品 愛のあいさつ、こんにちは。

私は今日、かなで山テレビの取材をうけました。
テレビに出るのは、とっても面白かったです。
でも、家にいっぱい、カメラを持った人が着たり、ライトを持った人がいて、少しだけこわかったです。
テレビ局の人たちは、私にインタビューしたり、私がピアノを演奏している所をカメラで、とったりしていました。ジェームズ先生もその日は家に来てくれていました。
初めて、テレビの取材で、緊張している私に、ジェームズ先生は、「緊張しなくてもいいんだよ。リラックス、リラックスと言ってくださいました。
私は、先生のその言葉を聞いて、少しだけ、緊張がほぐれました。私は、私を取材しに来てくれた人たちに「皆さん、来てくれてありがとう。私の名前はアスミです」といって、
皆に挨拶しようと思って「愛のあいさつ」を弾きました。すると、皆は、「アスミちゃん。綺麗な音だね。といって、褒めてくださいました。
次に褒められてうれしくなった私は、メンデルスゾーンの「春の歌]を弾きました。
私は、この曲が好きです。この曲は、とってもさわやかだからです。
私はこの曲を弾いている間、春のさわやかな風の中にいるような気がしました。
私は、春が好きです。この前、いった、お雛祭り、たのしかったな。
またいきたいです。
私は、愛のあいさつと春の歌を弾いた後、テレビの私を取材しにくれた人たちのインタビューに答えました。私は、「私の曲を聞いて、聞いてくれた方があったかい気持ちになったり、おだやかな気持ちになったり
いい曲だったよ。元気が出たよっていってくだされば、良いなと思います。私、アスミです。よろしくね。」といいました。

そのあと取材に来た人たちは、私のインタビューや私がピアノを演奏している所を撮影すると、「アスミちゃん、今日はありがとう。テレビに映るから、アスミちゃんも見てね。」といって、帰っていきました。
一週間後、私は、テレビを見ていました。そしたら、「アスミと愉快な音楽たち。」と言ってこの前の私がテレビに映っていました。
テレビに映った私を見て私は、とっても嬉しくなって、「うわー。私だ。テレビに映ってるよ。」と言って、喜びました。
後で、ジェームズ先生が教えてくださったのですが、テレビはすごいもので、いろいろな人たちが私のテレビを見られるそうです。
喜んでいる私にジェームズ先生が「よかったね。いろんな人がアスミちゃんのテレビを見てくれているよ。良かったね。」と言ってくださいました。
私は、ジェームズ先生が「みんなが見てくれているよっていってくれたので、町田くんも見てくれているかなと思って、「みんな見てるって事は、町田くんも見てくれているのかな。」とジェームズ先生に
聞きました。すると、先生は「そうだとも。きっと、見てくれているよ。」と言いました。
先生のその言葉を聞いて、私は、とっても、とっても、嬉しくなりました、。

嬉しくなった私は、ピアノのある部屋に行って皆よろしくねと思いながら、「愛のあいさつ」を弾きました。

 

 

 

誰かさんと町田くんと パラレルファクター

僕は、夜の公園に来ていた。

今日は、なんだか眠れず、夜の街を散歩することにしたのだ。

僕が、夜の公園にいると向こうから誰かがやってきた。

その誰かは、何やら思い悩んでいるようだった。

僕は、そのだれかに話しかけてみることにした。

「夜は、寒いですね、あなたも、眠れないんですか。?」

その人は、困った顔をして、僕のその声に「眠れないってわけじゃないんですけど・・・ちょっと困ってて。」といった。

僕は困りごとか。困っている人がいたら助けてあげようと思って、近くにあった、ベンチに二人で座った。暗いので、お互いの顔ははっきりとはわからない。街灯に照らされ、お互いの顔が少しだけわかるだけだ。その人の髪型はもじゃもじゃだった。

僕は、その誰かの話を聞いた、その人は、小説を書いていて、今、小説の話のの展開に行き詰っているとのことだった。

誰かさんとと少し話した後、」僕は、その人が寒いだろうと思ったので、自動販売機で、缶コーヒーを買った。

僕の分もう一本買った。手で、買った缶コーヒーにふれると、缶コーヒーが僕の手が温かくなった。僕は、この冷たい手がじんわりと温かくなっていくのが好きだった。

買った、缶コーヒーをその誰かにわたすと、誰かさんは、「え、いいんですか。ありがとうございます。」と礼儀正しく、遠慮がちに受け取った。

その声は、低く優しい声で、僕は、この人の事を謙虚な人に謙虚な印象を持った。

僕とだれかさんは、ベンチに座って話す。「それで、そのお話ってどんなはなしなんですか。」と聞くと、「恋愛ものです。劇作家の。」と誰かさんは答えてくれた。

それを聞いて、恋愛という言葉に惹かれた僕は、「恋愛ものですか。恋愛っていいですね。」とニコニコしていった。

だれかさんは、ニコニコしている僕に「あなたは、恋人とかいるんですか。見たところによると、あなたは、僕より、若いですね。」と聞いてきた。

僕は、突然、恋人という言葉に、びっくりして、「え、何ですか。いきなり、まだ・・・いませんよと顔を赤くして答えた。すると、誰かさんは、ふふっと笑って、

「まだ、なんですね。僕があなたくらいの頃は、いましたけどね。」といった。その声もまたさっきと同じ、低く、優しい声だった。

僕は、だれかさんの恋人に興味をもって「へえ、いたんですか。可愛かったですか。?」と質問した。

そのだれかは、さっきと同じ、低く優しい声で、「可愛かったか、どうかわかりませんが、つらい時、大変だったとき、あの子は僕のそばにいてくれました。昔、僕、この辺に、僕、住んでた事、あるんですね。その子と一緒に・・・・。」

その低く優しい声の誰かさんは、遠い過去を思い出しているようだった。顔は暗くてはっきりとは、分らなかったが、僕はその時の誰かさんの声を聴いて目には少し涙がにじんでいるのかなと思った。

そう思った僕は、「ごめんなさい。僕、変な事、聞いちゃって。」と謝った。

だれかさんは、謝る僕に「ええんです。そのためにここに僕はきたんですから。ここへ来れば、昔の僕や、あの子の事、思い出せそうな気がして・・・。」

といった。

僕は、そういう誰かさんに「ここは、あなたにとって思い出の場所なんですね。」とにこっと笑って言った。

誰かさんは、にこっと笑う僕の顔をじっと見て、「ええ、楽しいこと、たくさんありましたね。いつも、あの子は、僕を励ましてくれました。時に喧嘩をすることも、でもそのたびに、仲直りして、また、喧嘩して。その繰り返しでしたね。昔、そんなこと、ありましたね。缶コーヒーごちそうさまでした。おいしかったです。ありがとうございました。」といった。

その声も低く優しい声だった。

そのあと、だれかさんは、僕に「それではまた、どこかで。なんとか書けそうです。恋人、出来るとええですね。あなたにも。きっとできますよ。」と言って、夜の街に消えていった。

僕は、その誰かさんが、いなくなった後もしばらく、公園のベンチに座って夜空を見た。

僕は、夜空を見て、あの子の事を思った。もう。あの子は、もう夜遅いから寝ているのかなと思った。あの子の寝顔はきっとかわいいだろうなと思った。